プロフィール

take3ds

Author:take3ds
ようこそ。
より多くの人に立体写真
(ステレオ写真&アナグリフ)
は面白い!と思ってもらえる
ような写真を撮りたいと
思っています。

ここではステレオ写真
=平行法=
と、アナグリフ方式
=赤青メガネ=
を採用しています

2010年12月に正式に
カテゴリ「パノラマ写真」を
追加。
2012年8月から
FINEPIX REAL3D W3 使用

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ようこそ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
5660位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
1911位
アクセスランキングを見る>>

--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.09.09    カテゴリ:  おもしろ 

   特撮博物館を立体写真で 1

東京都現代美術館で行われている「特撮博物館」に8月18日に行って来た。

この展示を最も楽しめるのは40~50代の人だと思う。
リアルタイムで多くを見て影響を受けた世代だ。

そのミニチュアワークは楽しく驚嘆させられます。気がつくと数時間なんてあっという間です。

残念ですが写真撮影はNGです。
(撮りながらだとたぶん開館時間から閉館時間まで掛かってしまうでしょう。展示物がとても多いので見て回るだけでも相当な時間を要します。)

しかし販売されているカタログにおそらく展示物のほぼ全てが収録されています。
(展示物に付いていた庵野館長のコメントや会場にあった補足チラシまで収録!)
展示では見ることが出来なかった角度や部分もカタログでは見ることが出来ます。

展示物を全て見終わった最後の所に写真撮影OKな場所が用意されている。
中で上映されている「巨神兵東京に現る」で使われたミニチュアセットの一部だ。

副館長・「巨神兵東京に現る」監督の樋口真嗣氏の立つミニチュアセット
t-01

t-01ana

t-02

t-02ana

t-03

t-03ana

t-04

t-04ana

人を入れずに撮影することは非常に困難だ。
粘れる人と運が無いと無理です。しかも人は減ることはない。
t-05

t-05ana

t-06

t-06ana

t-07

t-07ana

t-08

t-08ana

t-09

t-09ana
スポンサーサイト






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 3D散歩とパノラマ写真 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。